繰り返す頭皮のニキビは何が原因?解決策はあるのか

頭皮にニキビができて困っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

ある日突然ニキビができていて痛くなることもありますし、頭を洗っているときにニキビを触って痛みを感じることもあります。

では、どうして頭皮にニキビができてしまうのでしょうか?

それは、血行不良などによって毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなり、それによって肌に残った古い角質が毛穴に詰まって塞いでしまいます。

そうなると毛穴から出るはずの皮脂が溜まってしまて毛穴が盛り上がり、そこに菌が増殖して炎症を起こしてニキビになってしまうのです

顔や背中などにできるニキビと同じようなことが原因となりますが、頭皮の場合は不潔になりやすいですし治りにくいので注意が必要ですし、繰り返すことがよくありますので気を付けておかなければいけません。

また、気づかないうちに頭皮へ刺激を与えることがニキビを繰り返す原因にもなりますし、ストレスによってホルモンバランスが乱れることもニキビの原因になることがあります。

それに、睡眠不足によって細胞を生成する機能が低下して影響を及ぼすこともありますし、栄養バランスが偏った食事を続けていると繰り返す可能性が高くなってしまいます。

頭皮にニキビができてしまったら決して潰さないようにしましょう。

髪の毛が邪魔になって見えにくいですし、菌が侵入して悪化させてしまうことがあるからです。

潰すのではなく、なるべく触らないようにして清潔を保ち続けましょう。

今使っているシャンプーが原因のことも

頭皮のニキビはシャンプーが原因になることもあります。

自分の肌に合っていないシャンプーや刺激が強い強いシャンプー、界面活性剤などが含まれているシャンプーはニキビの原因になりやすいので注意が必要です。

また、シャンプーの時の洗い方が原因になることもあります。

頭皮を爪でゴシゴシ洗うのは皮脂をとり過ぎてしまい、それによって頭皮のバリア機能が低下しニキビができやすい頭皮環境になってしまうのです。

それに、洗い残しや不十分なすすぎも原因になることがあり、毛穴に詰まった汚れや皮脂をしっかり取り除かないとニキビの原因になりますし、シャンプーやトリートメントなどをすすぎ残すと、それが毛穴を塞いでニキビになってしまうことがあります。

こうしたことからも分かるように洗いすぎやすすぎ残しは頭皮ニキビの原因となりますので、自分に合ったシャンプーで頭皮を優しくマッサージするように洗い、最後のすすぎはじっくり時間をかけて念入りに行うようにしましょう。

そうすれば頭皮にニキビができにくくなりますし、繰り返しできてしまうこともなくなるでしょう。

食生活と生活習慣にも原因が

トマト

ニキビは顔以外にもできてしまい、場合によっては繰り返してしまうことがあります。

特に頭皮にできるニキビは痛くて見えにくいですし、頭を洗う時に触ってしまいますので痛くて厄介です。

そんな頭皮にできるニキビは食生活や生活習慣が深く関わっています。

乱れた食生活で栄養バランスが偏るとニキビができやすくなりますので、特にビタミンB群を多く含んだものを食べるようにしましょう。

ほうれん草や卵、レバーやトマトなどが多く含まれていますので、上手く食事に取り入れてみてください。

生活習慣では特に質の良い睡眠をとることが重要となります。

質の良い睡眠は副交感神経が優位に働き、寝ている時でも血管が拡張されて血行が良くなります。

そうすると毛母細胞に栄養がしっかり行き渡り、新陳代謝が活発になって頭皮環境が良くなります。

これによってニキビができにくい頭皮になっていきます。

それに、十分な睡眠は免疫システムを正常にする成長因子を活発にさせてニキビ予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です