髪が濡れたまま寝る人は要注意!絶対にやってはいけない その理由とは?

寝る前にお風呂に入って髪を洗い、その髪を乾かしてから寝る人は多くいるでしょうし、しっかり髪を乾かしてから寝ることは良いことなので続けたほうが良いでしょう。

しかし、中には髪が濡れた状態で寝てしまう人もいるのではないでしょうか。

髪を乾かすのは面倒ですし、暑くて寝苦しい夜は濡れていたほうが気持ち良く寝られます。

そんな理由で髪が濡れた状態で寝ると恐ろしいことになるのをご存知でしょうか?

その恐ろしいこととは雑菌が繁殖するということです。

雑菌は湿度の高い所や濡れているところを好み、そこでエサを見つけて繁殖していきます。

ですので、濡れた髪と頭皮で雑菌は繁殖してしまいますし、もしも皮脂などの洗い残しがあればそれをエサにして?殖してしまうのです。

これは洗濯物の生乾きや半乾きと同じようなことが言え、洗濯物の生乾きは独特の臭いがあります。

あの臭いは雑菌が?殖している証拠となり、目では見えませんが恐ろしい数の雑菌が水分をエサにして分解し、臭いを発生させているのです。

頭皮は洗濯物の生乾きほど臭いませんが、確実に雑菌は繁殖していますので必ず乾かしてから寝るようにしましょう。

この他には濡れた状態で寝ると髪同士が摩擦を起こしてキューティクルを破壊してしまいますし、雑菌によって頭皮が痒みや炎症を引き起こすこともあります。

それに、水分が蒸発することによって頭皮トラブルを引き起こしやすい環境を作り出してしまいます。

こうしたことからも分かるように髪はしっかりドライヤーで乾かしてから寝るのが良いのですが、ドライヤーを正しく使わないと乾かしてもトラブルを起こしやすくなりますので正しいドライヤーの使い方で乾かしてください。

ドライヤーのかけすぎは頭皮が乾燥

ドライヤーで髪を乾かすときに気を付けておきたいのが頭皮の乾燥です。

頭皮が乾燥しますと臭いや炎症などのトラブルを起こしやすくなりますし、頭皮の血行が悪くなって髪に栄養が行き届かなくなり、抜け毛や薄毛の原因になることもあります。

また、ドライヤーを頭皮に近づけ過ぎると乾燥しますし、シャンプーの時にゴシゴシと洗って皮脂をとり過ぎるのも乾燥の原因になりますので気を付けておかなければいけません。

それに、紫外線を浴びた頭皮は乾燥しやすいですし、屋内にいても冷房や暖房で乾燥しやすくなりますので注意が必要です。

上手く乾かしたと思っても後から少しずつ乾燥してくることもありますので、ドライヤーでの乾かし過ぎには気をつけてください。

濡れているのが気持ち悪くて寝れない人もいるでしょうが、頭皮は髪以上に乾燥しやすいので頭皮を優先して乾燥具合を確かめながらドライヤーを使用してみてください。

その時は正しい使い方で乾かすようにしましょう。

頭皮環境を守るドライヤーのかけ方

ドライヤーの正しい使い方は、まず濡れた髪を十分にタオルドライします。

これは少しでもドライヤーを使う時間を減らすためです。

そして、しっかりタオルドライしたらドライヤーを使用しますが、髪から20センチは離すようにしましょう。

近づけ過ぎると髪や頭皮を必要以上に乾燥させてしまいますし、傷めてしまうこともあるからです。

それと、1箇所を集中して乾かすのもやめてください。

ドライヤーを動かしながら髪全体を乾かし、根元を乾かすときは頭皮を指で優しく撫でるようにします。

髪全体と頭皮が乾かせたら最後は冷風でクールダウンします。

髪のキューティクルや頭皮を整えることができますので、必ずクールダウンするようにしましょう。

このようなドライヤーの使い方で乾かすと良いのですが、中には乾燥させてしまう時や乾燥肌の人もいるでしょう。

そうした場合は頭皮専用の保湿液などを使用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です