フケの原因は過度のストレスかも!

フケは汚いというイメージがありますので良い印象を与えることができませんし、見る人を不快にさせてしまいますので無くしたほうが良いものと言えます。

そうしたフケで悩んでいる人はどのような原因でフケが発生しているかご存知でしょうか?

実はストレスが原因でフケが発生してしまうこともあります。

ストレスでなぜフケが出るの?と思う人もいるでしょうが、ストレスとフケには深い関係があるのです。

人間の体はストレスを感じることによってホルモンバランスが乱れてしまい、それによってアドレナリンが大量に分泌されてしまいます。

そうなると体内にある活性酸素が増加してしまい、皮脂が過剰分泌されて脂性フケになってしまうのです。

それに、ストレスを感じたり溜めこんだりすると交感神経が緊張して血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなって栄養が行き届かなくなり、これによって新陳代謝が悪くなって頭皮の再生に支障をきたして乾性フケが出てしまいます。

この他にはストレスによる暴飲暴食が栄養バランスの偏りとなり、頭皮へ十分な栄養が行き届かなくなることもフケの原因となりますし、ストレスを溜めてイライラすると睡眠不足になって頭皮に悪影響を及ぼしてしまいます。

こうしたことからも分かるようにストレスが原因となってフケは出ますし治りにくくなりますので、ストレスを感じないようにしたり溜めこまずに解消するようにしましょう。

湿ったフケと乾いたフケの違い

フケには湿った脂性フケと乾いた乾性フケがあり、どちらも厄介ですがそれぞれに特徴があります。

湿ったフケは頭皮の皮脂が原因となって発生します。

頭皮から分泌される皮脂量が多いと発生しますが、他の湿ったフケとくっついて大きなフケになりやすいのが特徴です。

また、古い角質と皮脂が混じり合って大きくてベタベタしたフケになり、髪の毛やブラシにくっつくと中々落ちません。

この湿ったフケは皮脂が多いことだけではなく常在菌のマラセチア菌が増殖することも原因となります。

マラセチア菌は皮脂をエサにして増殖し、皮脂に含まれる中性脂肪を分解して脂肪酸を排出します。

その脂肪酸がフケや痒みの原因となりますし、新陳代謝を乱して頭皮環境を悪くしてしまいます。

乾いたフケは手で払うとパラパラ落ちてくるタイプのフケで、乾燥して剥がれ落ちた角質です。

紫外線や皮脂の取りすぎ、ストレスや生活習慣の乱れなどがげんいんとなります。

頭皮が血行不良になると乾燥して乾いたフケが出やすくなりますし、冷房や暖房などでも乾燥を引き起こしてフケが出やすくなります。

それと、栄養不足で皮膚や粘膜が弱り、それによって乾燥して角質が剥がれやすくなってフケの原因になることもあります。

さらに、パーマやカラーの刺激によって乾燥し乾いたフケが出ることもありますし、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などでもパラパラしたフケは出やすくなります。

ストレスが原因で何がどうなる?

ストレス

ストレスが原因で頭皮の皮脂が増えてしまうこともあります。

ストレスが溜まることによってホルモンバランスが乱れ、これによってアドレナリンが大量に分泌されてしまいます。

そうすると体内の活性酸素が増えて皮脂が過剰分泌してしまうのです。

また、ストレスによって交感神経が刺激されて興奮状態になり、その興奮状態が続くと男性ホルモンが皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

このようにストレスは皮脂を増やしてしまいますが、根本的にストレスは神経系や内分泌系、免疫系などに悪影響を及ぼしますので、皮脂を増やすだけではなく様々なことを引き起こす原因となります。

ですので、仕事や家庭などでストレスを感じないようにしたり、少しずつ溜めこまないように気を付けておかなければいけません。

繰り返す頭皮のニキビは何が原因?解決策はあるのか

頭皮にニキビができて困っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

ある日突然ニキビができていて痛くなることもありますし、頭を洗っているときにニキビを触って痛みを感じることもあります。

では、どうして頭皮にニキビができてしまうのでしょうか?

それは、血行不良などによって毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなり、それによって肌に残った古い角質が毛穴に詰まって塞いでしまいます。

そうなると毛穴から出るはずの皮脂が溜まってしまて毛穴が盛り上がり、そこに菌が増殖して炎症を起こしてニキビになってしまうのです

顔や背中などにできるニキビと同じようなことが原因となりますが、頭皮の場合は不潔になりやすいですし治りにくいので注意が必要ですし、繰り返すことがよくありますので気を付けておかなければいけません。

また、気づかないうちに頭皮へ刺激を与えることがニキビを繰り返す原因にもなりますし、ストレスによってホルモンバランスが乱れることもニキビの原因になることがあります。

それに、睡眠不足によって細胞を生成する機能が低下して影響を及ぼすこともありますし、栄養バランスが偏った食事を続けていると繰り返す可能性が高くなってしまいます。

頭皮にニキビができてしまったら決して潰さないようにしましょう。

髪の毛が邪魔になって見えにくいですし、菌が侵入して悪化させてしまうことがあるからです。

潰すのではなく、なるべく触らないようにして清潔を保ち続けましょう。

今使っているシャンプーが原因のことも

頭皮のニキビはシャンプーが原因になることもあります。

自分の肌に合っていないシャンプーや刺激が強い強いシャンプー、界面活性剤などが含まれているシャンプーはニキビの原因になりやすいので注意が必要です。

また、シャンプーの時の洗い方が原因になることもあります。

頭皮を爪でゴシゴシ洗うのは皮脂をとり過ぎてしまい、それによって頭皮のバリア機能が低下しニキビができやすい頭皮環境になってしまうのです。

それに、洗い残しや不十分なすすぎも原因になることがあり、毛穴に詰まった汚れや皮脂をしっかり取り除かないとニキビの原因になりますし、シャンプーやトリートメントなどをすすぎ残すと、それが毛穴を塞いでニキビになってしまうことがあります。

こうしたことからも分かるように洗いすぎやすすぎ残しは頭皮ニキビの原因となりますので、自分に合ったシャンプーで頭皮を優しくマッサージするように洗い、最後のすすぎはじっくり時間をかけて念入りに行うようにしましょう。

そうすれば頭皮にニキビができにくくなりますし、繰り返しできてしまうこともなくなるでしょう。

食生活と生活習慣にも原因が

トマト

ニキビは顔以外にもできてしまい、場合によっては繰り返してしまうことがあります。

特に頭皮にできるニキビは痛くて見えにくいですし、頭を洗う時に触ってしまいますので痛くて厄介です。

そんな頭皮にできるニキビは食生活や生活習慣が深く関わっています。

乱れた食生活で栄養バランスが偏るとニキビができやすくなりますので、特にビタミンB群を多く含んだものを食べるようにしましょう。

ほうれん草や卵、レバーやトマトなどが多く含まれていますので、上手く食事に取り入れてみてください。

生活習慣では特に質の良い睡眠をとることが重要となります。

質の良い睡眠は副交感神経が優位に働き、寝ている時でも血管が拡張されて血行が良くなります。

そうすると毛母細胞に栄養がしっかり行き渡り、新陳代謝が活発になって頭皮環境が良くなります。

これによってニキビができにくい頭皮になっていきます。

それに、十分な睡眠は免疫システムを正常にする成長因子を活発にさせてニキビ予防になります。

髪が濡れたまま寝る人は要注意!絶対にやってはいけない その理由とは?

寝る前にお風呂に入って髪を洗い、その髪を乾かしてから寝る人は多くいるでしょうし、しっかり髪を乾かしてから寝ることは良いことなので続けたほうが良いでしょう。

しかし、中には髪が濡れた状態で寝てしまう人もいるのではないでしょうか。

髪を乾かすのは面倒ですし、暑くて寝苦しい夜は濡れていたほうが気持ち良く寝られます。

そんな理由で髪が濡れた状態で寝ると恐ろしいことになるのをご存知でしょうか?

その恐ろしいこととは雑菌が繁殖するということです。

雑菌は湿度の高い所や濡れているところを好み、そこでエサを見つけて繁殖していきます。

ですので、濡れた髪と頭皮で雑菌は繁殖してしまいますし、もしも皮脂などの洗い残しがあればそれをエサにして?殖してしまうのです。

これは洗濯物の生乾きや半乾きと同じようなことが言え、洗濯物の生乾きは独特の臭いがあります。

あの臭いは雑菌が?殖している証拠となり、目では見えませんが恐ろしい数の雑菌が水分をエサにして分解し、臭いを発生させているのです。

頭皮は洗濯物の生乾きほど臭いませんが、確実に雑菌は繁殖していますので必ず乾かしてから寝るようにしましょう。

この他には濡れた状態で寝ると髪同士が摩擦を起こしてキューティクルを破壊してしまいますし、雑菌によって頭皮が痒みや炎症を引き起こすこともあります。

それに、水分が蒸発することによって頭皮トラブルを引き起こしやすい環境を作り出してしまいます。

こうしたことからも分かるように髪はしっかりドライヤーで乾かしてから寝るのが良いのですが、ドライヤーを正しく使わないと乾かしてもトラブルを起こしやすくなりますので正しいドライヤーの使い方で乾かしてください。

ドライヤーのかけすぎは頭皮が乾燥

ドライヤーで髪を乾かすときに気を付けておきたいのが頭皮の乾燥です。

頭皮が乾燥しますと臭いや炎症などのトラブルを起こしやすくなりますし、頭皮の血行が悪くなって髪に栄養が行き届かなくなり、抜け毛や薄毛の原因になることもあります。

また、ドライヤーを頭皮に近づけ過ぎると乾燥しますし、シャンプーの時にゴシゴシと洗って皮脂をとり過ぎるのも乾燥の原因になりますので気を付けておかなければいけません。

それに、紫外線を浴びた頭皮は乾燥しやすいですし、屋内にいても冷房や暖房で乾燥しやすくなりますので注意が必要です。

上手く乾かしたと思っても後から少しずつ乾燥してくることもありますので、ドライヤーでの乾かし過ぎには気をつけてください。

濡れているのが気持ち悪くて寝れない人もいるでしょうが、頭皮は髪以上に乾燥しやすいので頭皮を優先して乾燥具合を確かめながらドライヤーを使用してみてください。

その時は正しい使い方で乾かすようにしましょう。

頭皮環境を守るドライヤーのかけ方

ドライヤーの正しい使い方は、まず濡れた髪を十分にタオルドライします。

これは少しでもドライヤーを使う時間を減らすためです。

そして、しっかりタオルドライしたらドライヤーを使用しますが、髪から20センチは離すようにしましょう。

近づけ過ぎると髪や頭皮を必要以上に乾燥させてしまいますし、傷めてしまうこともあるからです。

それと、1箇所を集中して乾かすのもやめてください。

ドライヤーを動かしながら髪全体を乾かし、根元を乾かすときは頭皮を指で優しく撫でるようにします。

髪全体と頭皮が乾かせたら最後は冷風でクールダウンします。

髪のキューティクルや頭皮を整えることができますので、必ずクールダウンするようにしましょう。

このようなドライヤーの使い方で乾かすと良いのですが、中には乾燥させてしまう時や乾燥肌の人もいるでしょう。

そうした場合は頭皮専用の保湿液などを使用すると良いでしょう。